カテゴリー別アーカイブ: 電話占いの料金は?

当たる電話占いに必要な料金

電話占いは自宅などにいながら時間を気にせず気軽に利用できる便利な占い方法です。そんな電話占いで気になるのは料金です。顔の見えないネットサービスだからこそ、不当な料金請求があるのではないか、表示された金額で済むのかどうかといった料金面の不安が生まれます。

電話占いの料金

まず、電話占いをする際に必要な料金には何があるか考えてみましょう。
パッと思いつくのはまずは利用料金ですね。基本的な占いを利用した時の代金です。電話占いの多くは1分ごとに決まった料金が加算されていくという料金システムを採用しています。もしくは、決まった時間までの料金プラス延長した時間1分ごとの料金というシステムもあります。
それから電話ですから通話料もかかります。これは電話占い会社に支払うのではなく、各自の電話会社に払うものですね。お友達や会社などで利用する電話代と変わりません。ただ、中にはフリーダイヤルを用いている会社や、占い師側からかけなおすことで通話料が発生しないようにしているところもあります。そういうところは通話料を気にする必要はありませんね。
基本的に電話占いにかかる費用はこれだけです。中には指名料や特別な占術をした際の追加料金を請求するところもありますが、ほとんどありません。しかも最近はフリーダイヤルで通話料無料のところも増えてきましたし、そもそも通話料は電話会社に払うもの。基本的には利用料だけと考えてよいと思います。

電話占いの料金システム

電話占いにかかる費用は上記で説明したとおり、基本的には利用料のみです。ではその利用料はどれほどかかるのでしょうか。
まず、利用料の計算方法は大きく分けて2種類あります。一つは1分ごとに料金が加算されるもの。もう一つは20分や30分などの大まかな時間で料金が決まっていて、その料金プラス延長料で計算されるものです。

1分×時間制

前者の方法は、今ほとんどの電話占いサイトで採用されている料金システムです。1分○○円と決まっていて、利用した時間がそのまま料金に適応されます。1分ごと料金も時間も調整できるので、短ければ短いほど安くなり、長くなるほど高くなります。そのため、短い時間で済むという人には向いています。

定額料金+延長料制

後者の方法は従来の対面鑑定のころからある方法なので、馴染みが深い方も多いでしょう。20分○○円、30分○○円と決まった時間は定額となっていて、その時間内ならどれだけ鑑定しても料金は変わらず、オーバーしてしまった際には基本の料金に加え延長料がかかります。デメリットとして短く終わってしまった場合でも、時間いっぱい利用したのと同じ金額を支払わなければならず、損になってしまう場合があります。反対に長い時間利用するというのならあらかじめ料金が決まっているこちらの方がお得かもしれません。

電話占いの料金の相場

肝心の電話占いの料金はどうでしょうか。大体の相場やユーザーの利用額を知っておくと、実際に利用するときに損をせずに済むでしょう。また、いくらまで使うとあらかじめ決めておくことで、無駄遣いを防ぐこともできますね。

1分×時間制

1分ごとに加算されていくシステムの料金の計算方法は1分の料金×利用した時間(分)というもので、とても単純明快です。たとえば1分100円という設定なら10分で1000円、30分で3000円、1時間で6000円となります。
この1分の料金、サイトごとによって設定はさまざまです。まずサイト全体でどの占い師を選んでも変わらない、一律料金としているところ、基本的には一律だけど、人気の占い師や力のある占い師は高額設定しているところ、それぞれ占い師ごとにばらばらで料金が異なるところなど料金の設定の仕方が異なってきます。1分の料金も安いところでは100円、高いと1000円を超すところもあります。
1分の料金の大体の相場は200円~300円と言われています。多くのサイトがこのくらいに設定していて、これより少し安いと180円くらい、高いと400円くらいというのがおおよその設定です。

定額料金+延長料制

定額制となっているところの料金の計算方法は決まった時間の料金+延長料というものです。たとえば、20分4000円で延長料1分200円として、20分なら4000円、30分で6000円、1時間で12000円となります。ただし、20分未満の利用でもしていの料金より安くなることはないので、たとえ10分で終了したとしても、2000円にはならず、4000円かかってしまいます。
この定額制を採用しているサイトのほとんどは20分+延長という提供をしています。20分の料金は安いと2000円ほど、高いところで8000円くらいとなっています。大体の相場は20分4000円~6000円くらいとなっています。
延長料に関しては1分ごとに加算しているところが大多数です。だいたい1分200円~300円ほどで、こうしてみると1分ごとに課金されていくシステムと料金に対して差はありません。

結局いくら用意すればいいの?

電話占いは利用時間によって料金が大きく左右されるシステムなので、一概にいくらあればいいというのは断言できませんが、1万円も用意しておけば十分な鑑定は可能でしょう。1分200円なら50分は鑑定できますし、300円でも30分は可能です。
また、あらかじめ使う金額を決めておいて、その料金に合わせた時間で利用するという手もあります。たとえば6000円という制限をすれば、200円のところで30分、300円のところで20分で終わらせるようにすればいいのです。
手軽に利用できる電話占いだからこそ、自分で利用時間なども考えて、適切な利用を心がけましょう。

2016年4月11日